読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐvol.13 TOU -JYUKAI-DEN-□とかいう舞台②

脚本(演出)家がブログを更新している。

JYUKAIDENシリーズはこれで終わりだけど、
スピンオフ公演とか番外編文章のみとかなんか色々展開できたらいいなあとかなんとなく思っていたり…。
その際には何卒宜しくお願いします。

 文章は勝手に書いてくださって結構だけど、マジでスピンオフだけは勘弁して欲しい。絶対に観に行きたくないから内輪だけでなんとかしてくれ…

紅緋の感受性の呪いは、人への怯えもあるなあと。
誰かに嫌われたくないっていう気持ちが強いと、
その人の空気を読もうとする感じ。
そして優しさももちろん。
笑ってほしい。そんな未完成な感情が、大人になると理論的になりすぎてしまって、
いろいろなことを具体化しちゃって、なんだかそれはそれで勿体無いなあと思う。
もっと感覚的でもいいのかもしれない。

「大丈夫って、自分で言うより、誰かに言われた方が安心する。」

誰かに認めてほしいっていう気持ちは誰にでもあるから、
少しでも気持ちを楽にしてほしい時、言ってあげてほしい言葉。

 作品を見てていっこも伝わってこなかったんだけどやばない?このブログただの黒歴史ノートになってない?

伽藍と鼠。
ポジティブとネガティブってのは決めていました。
真逆だからこそ一緒にいれる関係性。
パズルのピースのように。
伽藍にとっても鼠は必要だし、
鼠にとっても伽藍は必要。
お互い自分にはないものに憧れもあり蔑みもあり、
無意識なメリットの中で成り立っている関係。
 
めんじょうの伽藍と、かじもんの鼠だったから、
あの雰囲気は出たんだろうなあと思う。
ネガティブなのにどこか積極性のあるかじもんの鼠。
ポジティブなのにどこか消極性のあるめんじょうの伽藍。
やっぱりどうあってもバランスのいい関係。
面白い。

 どうでもいい。

秘色の無の感情は、紅緋の感受性との対として。

対になる存在なのに全然絡みがない…というか、直接絡ませなくてもきっと対だということは表現できたと思うんだけど、こいつら以外に大量にキャラクターがいて、その上いちいちペア組ませてスポット当てるから、結果的に紅緋と秘色の存在がぼやけるんだよ。しかも2人で戦ってる時途中で碧が入ってきて、紅緋と碧の対話になってしまう。だから私は作者はここを対として描きたかったんだなと思ってたんだけど。どこにスポットを当てたかったのかわからん。

金銀銅。
最初、うちのメンバーを見て作ったキャラクターたち。
元気に切り開いて行くキタガワさん、
周りに振り回される栗田、
ゆとりなふこういん、
全部が全部金銀銅ってわけじゃなくて、関係性だけ少し取り入れた感じです。

こっちのほうがまだマシだった!!!!!主宰と栗田氏がそれぞれあの役だったからヘタクソなことに対してのイライラが余計募ったんだよ。主宰だからってしゃしゃって重要な役やってんじゃねーよってずっと思ってたわ。あ、ふこういんさんは良いと思いましたよ。

冷静な汰熊と、騒がしい弥代、この二人が私は大好きで、私生活でも何かと同じような関係性の二人を、シリーズを通して見てきた。
あの二人の最後を、いろいろと考えてくださる人たちがいて、色々とお話をさせてもらった。
あの二人がどうなったのか。
台本のト書きに、実は演出部分でつけていない文章が書いてある。
「支子と柳も海の水によって流されていく」という文章。
演出の都合上これをなくした。
あの場所に行くのが間に合わなかった。
だけど私の中で付け加えるなら、王冠が割れた瞬間を、二人はしっかりとわかったと思う。
周りのノアの様子が変わって、ああ王冠は割れたんだなくなったんだと、柳は救われたんじゃないかと思う。
柳と支子がそこでどんな会話をしたかはわからないけれど、
一つ解放された。

 いや、本当にこれ読んでびっくりしたんだけど、ずっと見てきた方々大丈夫??どう考えてもダメだろ。この2人の対話にメチャクチャ時間割いてたよね?それで最後どうなったかわからんってクソでしかねえよ。てかもはや出すなよこんなんなら。ずっと書いてきたキャラクターなんだから死ぬ瞬間くらいちゃんと描いてあげなよ。もしくはちゃんと救ってあげなよ。出したいと思って出したんでしょ?マジで驚いたわ。

本当にこの舞台とはぴどりが地雷すぎて、「毎公演時間やタイミングの違いはあれど寝てたからガチで批判するならDVDを買うしかない、でもはぴどりに金を落としたくない」という葛藤をしていたんだけど、日が経って色々あって完全に無理になったのでやっぱDVD買わないですね。これ以上金ロスしたくないんで。

前回の記事だけど、同意してくれる人をちょこちょこ見かけて心の底から安心した。推し被りが軒並み絶賛してるから東京公演中とかマジで自分がおかしいのかと思ってた。

twitter検索したりググったりしてもポジティブな感想ばかり目につくから、この作品がクソだったことをちゃんとネット上に残したいし、これ以上はぴどりの舞台を見に行く人が増えてほしくない(はぴどりに金儲けをさせたくない儲かってないだろうけど)という一心で作ったブログなので、読んでいただけて本当に嬉しいです。私怨だよ。

 

ところで、この閲覧が全く伸びていないNAVERまとめってもしかして…(笑)

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ公演 TOU JYUKAI-DEN□の出演者がものすごい実力派 - NAVER まとめ

 

あと、twitterでのドン引き案件を貼っておきますね。

 

 リピーター特典届かないなあ^^