日記

若手俳優のオタク疲れたな〜
私はやっぱりアイドルが好きだ。歌って踊ってオタクを沸かせるアイドルが好き。
アイドルのライブが好きだ。
指揮者とか推しジャンとか見えないって叩かれるし、MIXとか過度のコールもうるさいって叩かれるけど、私はそれも含めてアイドルのライブが好きだ。
推しのグループは人が多くてソロパートが少なくて名前コールが全然できなくてそこが物足りなかった。自治厨うるせえし。
あと、アイドルのライブで元気なおじさんを見るのが好きだ。
たまーに女子アイドルの現場をひやかしに行くけど、そこにいるおじさん達のエネルギーたるや。全力で現場を楽しんでいるおじさんを見るとこっちまで楽しくなる。

相変わらず推しは何してるのか分からん。
稽古は始まっているらしい。
俳優のオタク向いてないし、次の舞台も楽しみな気持ちとまた地雷だったらどうしようという不安が半々くらいでしんどい。
アイドルの現場は箱ライブ・イベント・収録・リリイベなどなど、無銭含めると年間ゆうに100を超える。その中で今日はダメだった今日は良かった、昨日のセトリはアレだったけど今日のセトリは神、前回のホールは構成クソだったけど今回のZeppは最高!みたいに良くなかった現場があっても次の日、下手するとその日の夜とかに挽回をしてくれる。
だけど俳優の現場はハズレを引くと何公演も同じハズレを見る羽目になる。
ねえ、マジでコスパ悪いなこの趣味。
まあ現場多い俳優なら違ってくるのかもしれないけど。
推し推し始めてから7ヶ月。見た舞台は4つ。その内見ていて心から幸せだと思えた作品って1つしかない。あとは内容が自己満すぎたり、周りの役者が下手すぎたり、開演時間に始まらなかったり、ギャグのセンスが嫌いだったり、DVDの映像が何故か左右反転してたり、はぴどりだったりとかで何かしら毎回ケチがついていてなんか心から楽しみきれてないなーといつも思っている。

花は出さないことにした。SNSの更新がどうこうというか、そこまですることあるのかなと思ってしまった。みんな出してるから、という話ではなくそもそも私そこまで好きだっけ?みたいになっている。
手紙を書くのは好きだから、一応書こうかなーとは思っている。ここまでね、続けたんでね…

そういえば憎しみ転じて懐かしくなってきておりTOUのDVDが500円くらいで道端に落ちてたら買ってもいいかなと思っている。見たら辛すぎた記憶蘇って普通に泣くと思う。けど推しはすげーーーーよかったなーーーーーあーー東京は本当に良かった。というか推しの芝居でいったら認めたくないけどこれが1番だった気すらしている。えっ思い出したら私推しのこと好きでは?という気持ちになってきた!!!!
でもやっぱり元推しを一番好きだった時の記憶がすごく鮮烈でそれと比べてしまう。多分熱量でいったら元推しの時の1割くらいだな。
怒ったりしないでまったり推したいからお金の使い方を考えたいというのもある。
はてブロにも推し被り2人ほど見つけたけどその方達には頑張っていただきたい。
とりあえず次の舞台は1日のぞいて毎日行きます。チケそろってるからね…
その後の身の振り方は次を見てから考える。けど一番嫌いなのが1回しか入らないのに推しとか言ってる在宅なので絶対にそうはなりたくなくて…まあ…とりあえず少し休みたい。
ま、次の仕事いつになるのか知りませんけどね!!!!!!!
推しぴ〜〜〜〜!!!!働け〜〜〜〜!!!!!!!!(俳優として)

手紙について

推しの仕事がなくて暇なので手紙の話でも。


・頻度

舞台・イベント関係なく、現場に入るたびに書いてる。マチソワなら両方。

基本3〜5枚は書くけど、時間がないときは1〜2枚。

地味にずっと書いてるのでやめられなくて電車の中とかロビー、客席で書いたこともある。


・書き出し

○○くんこんにちは。

いつも初日or千秋楽おめでとうございますと書くのを忘れる…


・内容

基本的には現場の感想。

その間に何か配信とかDVD出たりとかあったらそういうものの感想も。

ジャニヲタの時はメモ厨だったのでメチャクチャ詳しく感想を書いていたが、俳優オタク界隈だとなんか叩かれそうな気がしてメモれなくて、観劇中に感じたことをわりと忘れまくっていて悲しい。

演技の感想というよりキャラクターやストーリーに対する解釈のようなことを書いていることが多い。

プレがある時はプレの話も。

共演者の感想も書いてるし、他の舞台見に行った話とかも書いてる。なんならご飯の話もしてる。

ネガティブな感想も書いている。演技への批判っていうか…まあ過去記事などからお察しください。


・日付

書いた手紙を写真に撮って保存しているので、自分で見返した時にいつ書いたか分かるようにしたくて書き始めた。


・レターセット

無地だと地味だし、可愛すぎても自分に合わないし、プラザとかで買えるやつは推し被りも買ってそうだし…と思ってセットになってないやつを使ってる。便箋が買い足せるので地味に便利。

推しに手紙書く用に買ってた百枚綴りくらい?のレターパッドがあるので、レタセの便箋がなくなった時はそれ使ってた。最近も封筒とお揃いのレターパッドを紛失したのでそっちを。

季節とか作品に合わせてシール変えてます。



私の推しは手紙を読んでいる人だ。それもわりと早く。

なぜ知っているかといえば手紙に同封したプレを使ってたからなんだけどw

そのプレがちょっとした日付限定みたいなものだったので、即読んだかどうかまでは分からないけど。

あとはまあ目の前で推し被りに手紙読んだって言ってるの見たこともあるし、誕生日アピしてない推し被りにSNSでおめでとうって言ってたこともあったので、これは手紙で言ったんだなと察したこともある。

読んでるって思うから毎公演書いてしまうんだよな〜…読んでないという確証があればサボれるんだけど…まあ最近自分でも手紙ウザいなって思うから封筒の時点ではじかれて読んでないかもしれない…

だけど手紙を書くのは楽しい。

ので推しに手紙イラネとでも言われない限りは書いていきたいと思う。

推しに怒るという感情

今までの元担や元推しに対して怒りという感情を抱いたことは1度もなかった。

不満はあった。

元担(無所Jr.)は長期公演中ちゃんとやればかっこいいところを他のJr.とふざけて台無しにしてたのが嫌だった。

推し(接触アイドル)は自虐をするところが見ていて悲しくなるのでやめて欲しかったしもっと自信を持って欲しかった。

だけど、それで怒ったことは1度もない。

担当や推しに怒ってる人、いたけど全然理解できなかった。不満を感じるのはわかるけどなぜそれが怒りに繋がるんだろうと思っていた。

…のがもうね、ここ最近ずっと推しに怒ってて疲れた。

しかもその理由が「ブログ更新しない」なのが情けないし自分の心の狭さにも嫌気がさす。だけどブログ更新するのはタレントの仕事のうちのひとつだという主張を崩すつもりはない。

再三言うけどね、見てわかるくらい俳優の仕事が忙しいならこっちも察するんだよ。忙しいんだろうな疲れてるんだろうなって。

そうじゃねえんだもん(大の字)

最新の仕事をしている画像見たらびっくりするくらい元気が出たんだけど、相変わらず本人からは何の発信もないので結局また怒っている。

なぜ怒ってしまうんだろうか……気圧……?

いや、寂しいよね。好きなタレントが何をしているのか何を考えているのかわからないのって寂しいし、オタクのことどうでもいいんだろうなーとか思うと余計寂しい。

まあ、私は元推しのグループにもうついていけなくなって本当にしんどかったから趣味としてまったり楽しく推せそうと思った推しに降りた、という経緯があるので、多少わがままな気持ちがあるのかもしれない。

多分元担と元推しに怒りを感じたことがないのって、大好きすぎて崇拝してたとこがあったからなのかなと思う。

今の推しを崇拝してるかって言われたら全然してないです。好きだけど。

初めて見た舞台で感じた「次の日仕事サボってでも入らなかったら絶対後悔する」っていうインスピレーションを今も信じたいし、仕事してる姿見たら4割くらいは許せると思うし、実際仕事してる画像見てかわいい!!!!!えっ楽しみ!!!!!!!花手配しよ!!!!!!!ってなったし、やっぱ好きなんで怒りたくない。ただでさえクソ制作やクソ共演者に怒りまくって疲れているというのに。何故毎回噛みまくりの奴が必ず1人はいるんだ?今もチケ発したらS席なのに中列が出てブチギレまくっている。

怒らず楽しくまったり推したいな〜!!!!

今日もSNSを更新しない推しに腹が立つ

暫く更新がなくてマジでなんなんだお前は、と思いつつ、一応体調崩したり他の仕事している可能性も考えてはいたけど、普通に更新してなかっただけの模様。

今更是非来てくれと言われてもチケ発はもう終わりました。いや、まだチケ買えるからいいんだけど、この更新のなかった期間無駄に色々考えてイライラムカムカしてたからもう素直に受け取れなくなってる。

久々に更新されたのを見ても「飲みに行けるなら更新できただろ」って思ってまた腹立てて終わった。

実際、推しは板の上に立つ仕事はとてもしっかりやっていると思うけど、事務所に所属するタレントなんだから板の上に立つことだけが仕事ではないと私は思う。

タレントが思ってるよりもオタクはSNSの更新待ってるしそれを生きがいにしていますよ推しくん…

今まで共演してきた大人気2.5次元俳優様のみんなを見てみなよ。推しより遥かに忙しくて人気もあって、正直本人が更新しなくてもあーでもまあ忙しいよね疲れてるよねえって流せるレベルの人でもほぼ毎日twitterとかブログ更新してて本当にえらいと思うよ。街中で歩きながらインスタライブやってるリアストホイホイの井澤をごらんよ。

別に毎日更新しろとは言わない。苦手なんだろうし。

ただ、舞台発表されたよチケ発この日だよ来てねとか、今日この舞台見に行ってきたよ〜とか、スチール撮影したよこういう役だよとか、前の舞台の共演者と飲みに行ったよーとか、せめてそれくらいのことは書いて欲しいなって思うのは悪いことなんだろうか??

私はそれは彼の仕事に含まれてると思うけど求めすぎなのか?

いや、現場あるならいいんだけど現場ねえんだもん。別に忙しくないんだもん。(もしかしたらバイトなどで忙しいのかもしれないけど)だからそれくらいのことやりなよって思ってしまう。何してるのか全く分からないから働いてくれと念じる日々。

何してるか分からないとニート扱いするし、飲みや観劇に行ったのに写真がなかったりブログに書かなかったりすると女同伴かな?ってなるし、気をつけたほうがいいですよ。

とりあえず推しのかわりに繋がりの女のインスタ見てます(推しより仕事忙しそうこの人…)

SNSを更新しない推しに腹が立つ

お〜い推しぴ〜〜生きてる〜????


新しい舞台が発表されてチケ発があったのだが、ついぞ本人からの告知がないまま発売日を過ぎてしまった。

普段仕事しないスタッフが仕事したと思ったら今度は推しかよ!

なんというか、本当にどうかと思う。

私は元アイドルオタクなんだけど、アイドルはオタクに構うのも仕事のうちなのでブログは更新してしかるべきだと思ってて、でも俳優の仕事はそうではないからブログやtwitterは更新してもらえるだけありがたいという認識でいたのですが。

自分の仕事の宣伝したり、オタクが他に行かないように繋ぎ止める手段としてSNSを更新するのも仕事のうちじゃないのかなと最近は思うようになった。

元推しはアイドルだけど、仕事解禁されたらすぐブログ更新して仕事に対する意気込みとか語ってくれて、がんばれ、見に行くよ、って速攻コメントしたくなるような人だったので尚更そう感じる。そうでなくとも基本ほぼ毎日更新だし。

黙っててもオタク集まると思ってますか?それともオタクに興味ない?

他の共演者は自分のオタクに向けていろんな言葉で来てねってアピールをしてて、私は自分の推しからその言葉を聞きたいだけなのに、それってそんなに難しいことなのかな。

オタクはちょろいから本人が一言「来てね」って言うだけで血眼になってチケ買うんだよ。

他のオタクは知らんが少なくとも私に関して言えば、毎月仕事あるわけじゃないんだからせめてSNS更新して生きてるなーって感じさせてくれなきゃ心が持たない。

まあどうせ花出して通うんだけどさ、勝手に通う層って限られてるからな!!!!


体調崩してるか地球の裏側で限界ロケ収録してるならごめんな!

舞台「黒薔薇アリス」

 大勝利、とは…

 

黒薔薇アリス、千秋楽おめでとうございました。お疲れ様でした。

俳優オタになってからどの作品でも「これは本当に面白いのか…?」と悩んでいる気がする。悩んでいる時点でつまらないのかもしれない。というか多分観劇そのものが向いていない。

好きじゃなかったところと好きだったところを書きます。

好きじゃなかったところ

①日替わりゲストシーン

ちゃんなかの日だけ見ました。マチネはまだ良かったけどソワレはちゃんなかと石黒英雄が変身していてとてもがっかりした。物語がある舞台で、全く違う作品のネタをやらせるのはさすがにダメでしょ…櫂と玲二もただの杉江大志と柏木佑介だったと思う。

まあ、役のままあのシーン面白くして終わるのも難しいと思うけどね!?だから根本的には役者には責任はないとは思っているけどそれでもあそこだけは許容できなかった。

そのあとのアリスのセリフもめちゃくちゃ唐突でつながりがおかしかった(唐突な質問を投げかけるシーンではあったけどそれでも)。ゲストがいない日は本当に安心して見れたなあ…。

②中途半端な原作準拠

好きじゃなかったところっていうか、それなくていいでしょってやつなんだけど。

レオの「楠瀬太一れお」ね…。自分の名前の「楠瀬太一郎」を噛んじゃって「楠瀬太一れお」と言ってしまったことが由来で、モデル時代の芸名がレオになった→ディミトリに初めて会った時も同じように噛んでしまった…というくだりが原作にあるんだけどさ、いや、舞台しか見てない人わっかんねえからそれ!!!wwww普通に秋元くんが噛んだのかと思ったわ!!!!

③座長滑舌悪い

またか

噛むわセリフ間違えるわ勘弁してくれって感じだし、笑いどころじゃないところで他の役者笑わせようとするのやめろ。感情の表現自体は良いと思ったんだけどな。

あ、トークは面白かったです。あと顔が美しい。客いなさすぎてアフトで舞台上から話しかけられたのと客席に座りだしたのも面白かった。

④ディミトリって魅力あるか??

好きじゃないというか単に理解できなかったって話なんだけど、ディミトリがPMSヒステリー男すぎてアリスがなんでディミトリを好きになったのか全然わからなかった…

あと原作を読んだ感想としてはアリスをめぐる男たちと同じくらいディミトリとマクシミリアン(レオ)の主従関係の描写に重きを置いてるなと思ったんだけど、そこが個人的にはあんまり…うーん…いや、でもよくあの漫画をまとめたと思ったよ。

⑤ブルーシアタープレハブ小屋すぎ

なんか変な音すると思ったら豪雨かよ!!!!!!アイアと変わんねえわ。

好きだったところ

①オープニング

すーごい良かった!!曲が2時間ドラマみたいだったけどまあ2時間ドラマみたいなもんだからいいと思う。薔薇の花びらが舞う中を歩くところが本当に好きだった…

②使い魔の表現

まあ賛否両論あるとは思うけど。虫とか変に映像で表現されるより良かったと思う。だけど流石に椅子と机はね…うん…

③双子

2人とも黒薔薇アリスでここまで感情を濃密に表現してくれると思っていなかったので本当に圧倒された。特に杉江くんの崩れ落ち方がどんどん感情こもっていくのが分かっていい意味で期待を裏切られたなと思った。なぜ玲二は櫂を赦したのか、もう少しそこをやってくれたら自分的には100点だったと思う。原作ではその赦す段階まで行ってないから仕方ないかもしれないけど。

でも玲二が原作で「セックス」って発言してるからそれをすごい期待してたのに!!!!!!そのセリフ自体がなかった!!!!!!!!まあアフトで誰に頼まれた訳でもないのに2回も大声で言ってたからいいか。

 

なんか結構制作に怒ってる人多くて、自分的にははぴどりというクソを先に経験したおかげか特に怒りは感じなかったっていうかみんな黒薔薇アリス(というかコンフレ)をこき下ろすならTOUとはぴどりをこき下ろしてよ!!!!!自分の頭がおかしいのかと思って毎日「TOU つまらない」でgoogletwitterはてな検索してたんだよ私は!!!!!!!!!現在は脚本家と主宰とはぴどり所属の役者で新しい劇団立ち上げたはいいけどチケが売れなくてTOUの公式アカのフォロワーに舞台に来て下さいDMを送りまくってる始末だよ(しかも文章が下手)。私はスパブロしたので来てませんが。

いや話それたわ。この作品を楽しめるかどうかってひとえに原作との相性に依る部分が大きいんじゃないかなと思うんだよね…。個人的には原作自体がふーんって感じだったので、まあ、はい。だけど演出は私は良かったと思うし、板の上で熱演する役者のパワーはやっぱりすごくて、そこは本当に見てよかったなと思っている。アフトもとても楽しかった。あと知らん人に推しぴ(笑)のアルミをタダでもらった。いらねえけど。

ただ、キムラさんが何を持ってして大勝利と言っているのかは知らないけど、私はこの作品は商業演劇としては失敗だと思う。

こんなにチケットが売れなかったのは、原作が俳優オタや2.5好きにウケる題材じゃなかったことと誰かも書いてたけどキャストの集客力のなさ、この2つに尽きると思うな…あと平日ソワレ開演18時て。私も無理だった。箱も大きすぎた気がする。紀伊国屋ホールとかでよかったのでは知らんけど。

そういうわけでまあ自分にしてはそこまで悪くなかったしあまり寝ることなく見れた作品で良かったなという総括です。

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐvol.13 TOU -JYUKAI-DEN-□とかいう舞台②

脚本(演出)家がブログを更新している。

JYUKAIDENシリーズはこれで終わりだけど、
スピンオフ公演とか番外編文章のみとかなんか色々展開できたらいいなあとかなんとなく思っていたり…。
その際には何卒宜しくお願いします。

 文章は勝手に書いてくださって結構だけど、マジでスピンオフだけは勘弁して欲しい。絶対に観に行きたくないから内輪だけでなんとかしてくれ…

紅緋の感受性の呪いは、人への怯えもあるなあと。
誰かに嫌われたくないっていう気持ちが強いと、
その人の空気を読もうとする感じ。
そして優しさももちろん。
笑ってほしい。そんな未完成な感情が、大人になると理論的になりすぎてしまって、
いろいろなことを具体化しちゃって、なんだかそれはそれで勿体無いなあと思う。
もっと感覚的でもいいのかもしれない。

「大丈夫って、自分で言うより、誰かに言われた方が安心する。」

誰かに認めてほしいっていう気持ちは誰にでもあるから、
少しでも気持ちを楽にしてほしい時、言ってあげてほしい言葉。

 作品を見てていっこも伝わってこなかったんだけどやばない?このブログただの黒歴史ノートになってない?

伽藍と鼠。
ポジティブとネガティブってのは決めていました。
真逆だからこそ一緒にいれる関係性。
パズルのピースのように。
伽藍にとっても鼠は必要だし、
鼠にとっても伽藍は必要。
お互い自分にはないものに憧れもあり蔑みもあり、
無意識なメリットの中で成り立っている関係。
 
めんじょうの伽藍と、かじもんの鼠だったから、
あの雰囲気は出たんだろうなあと思う。
ネガティブなのにどこか積極性のあるかじもんの鼠。
ポジティブなのにどこか消極性のあるめんじょうの伽藍。
やっぱりどうあってもバランスのいい関係。
面白い。

 どうでもいい。

秘色の無の感情は、紅緋の感受性との対として。

対になる存在なのに全然絡みがない…というか、直接絡ませなくてもきっと対だということは表現できたと思うんだけど、こいつら以外に大量にキャラクターがいて、その上いちいちペア組ませてスポット当てるから、結果的に紅緋と秘色の存在がぼやけるんだよ。しかも2人で戦ってる時途中で碧が入ってきて、紅緋と碧の対話になってしまう。だから私は作者はここを対として描きたかったんだなと思ってたんだけど。どこにスポットを当てたかったのかわからん。

金銀銅。
最初、うちのメンバーを見て作ったキャラクターたち。
元気に切り開いて行くキタガワさん、
周りに振り回される栗田、
ゆとりなふこういん、
全部が全部金銀銅ってわけじゃなくて、関係性だけ少し取り入れた感じです。

こっちのほうがまだマシだった!!!!!主宰と栗田氏がそれぞれあの役だったからヘタクソなことに対してのイライラが余計募ったんだよ。主宰だからってしゃしゃって重要な役やってんじゃねーよってずっと思ってたわ。あ、ふこういんさんは良いと思いましたよ。

冷静な汰熊と、騒がしい弥代、この二人が私は大好きで、私生活でも何かと同じような関係性の二人を、シリーズを通して見てきた。
あの二人の最後を、いろいろと考えてくださる人たちがいて、色々とお話をさせてもらった。
あの二人がどうなったのか。
台本のト書きに、実は演出部分でつけていない文章が書いてある。
「支子と柳も海の水によって流されていく」という文章。
演出の都合上これをなくした。
あの場所に行くのが間に合わなかった。
だけど私の中で付け加えるなら、王冠が割れた瞬間を、二人はしっかりとわかったと思う。
周りのノアの様子が変わって、ああ王冠は割れたんだなくなったんだと、柳は救われたんじゃないかと思う。
柳と支子がそこでどんな会話をしたかはわからないけれど、
一つ解放された。

 いや、本当にこれ読んでびっくりしたんだけど、ずっと見てきた方々大丈夫??どう考えてもダメだろ。この2人の対話にメチャクチャ時間割いてたよね?それで最後どうなったかわからんってクソでしかねえよ。てかもはや出すなよこんなんなら。ずっと書いてきたキャラクターなんだから死ぬ瞬間くらいちゃんと描いてあげなよ。もしくはちゃんと救ってあげなよ。出したいと思って出したんでしょ?マジで驚いたわ。

本当にこの舞台とはぴどりが地雷すぎて、「毎公演時間やタイミングの違いはあれど寝てたからガチで批判するならDVDを買うしかない、でもはぴどりに金を落としたくない」という葛藤をしていたんだけど、日が経って色々あって完全に無理になったのでやっぱDVD買わないですね。これ以上金ロスしたくないんで。

前回の記事だけど、同意してくれる人をちょこちょこ見かけて心の底から安心した。推し被りが軒並み絶賛してるから東京公演中とかマジで自分がおかしいのかと思ってた。

twitter検索したりググったりしてもポジティブな感想ばかり目につくから、この作品がクソだったことをちゃんとネット上に残したいし、これ以上はぴどりの舞台を見に行く人が増えてほしくない(はぴどりに金儲けをさせたくない儲かってないだろうけど)という一心で作ったブログなので、読んでいただけて本当に嬉しいです。私怨だよ。

 

ところで、この閲覧が全く伸びていないNAVERまとめってもしかして…(笑)

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ公演 TOU JYUKAI-DEN□の出演者がものすごい実力派 - NAVER まとめ

 

あと、twitterでのドン引き案件を貼っておきますね。

 

 リピーター特典届かないなあ^^